IT機器を使いこなす事が求められる最近の車査定士

IT機器を使いこなす事が求められる最近の車査定士

IT媒体は、色々な業界に対して影響を及ぼしていると思います。その1つは、車買取の業界ですね。
車買取の業者は、もちろん顧客の車に対して査定を行う必要があります。その査定のやり方は業者によって色々なのですが、最近ではIT媒体が活用されている事も非常に多いのです。

 

思えば最近では、スマートフォンを持っている車の査定士も非常に多いと思います。どのような目的でそれを用いるかは業者によって色々なのですが、客観的なデータを知るために用いているケースも多いようですね。

 

例えばスマートフォンのアプリの1つに、IESというものが他あります。IESは、非常に高機能なツールですね。高機能なだけでなく、車の査定に関わる非常に重要な情報を教えてくれるツールなのですが。そのツールに対して必要な情報を入力するだけで、直ちに査定の点数というものを把握する事ができるのです。

 

またそのツールを使えば、修理歴を見抜く事もできます。本来車の修理歴というのは、かなり熟練している査定士でないと見抜く事が難しいのだそうです。しかしIESを用いれば、その修理歴も直ちに分かるのだそうです。

 

ただIESの特徴は、スマートフォンを用いなければならない点ですね。もしくはタブレット端末も必要になるのですが。つまり最近の車買取の業者の査定士の方々には、そのようなIT関係のアプリを使いこなすスキルも求められると思うのです。アプリを使うスキルが備わっているだけで、熟練スタッフとほぼ同様の査定を行う事ができるからです。逆にそれを用いる事ができないとなると、色々と修行が必要になるかもしれませんね。
フィット 下取り

 

一昔前の車買取業界では、もちろんそのようなアプリはありませんでした。ほとんどが手作業で行っているような状況だったと思います。時代の流れに応じて、査定士に求められるスキルも刻一刻と変化していくのだと思いますね。